あすなろブログ

病みオタクの日常

20代の人が昔ドハマりした物①

さて今回は我々20代が小学生時代におそらくドハマりした、もしくは流行って物の話をします。

20代といっても、私は現在20代半ばなので20代前半の方々とは多少のジェネレーションギャップがあるかもしれませんが、そこはご了承ください。

やはり私達20代の、特に男子であれば一度は買ったことがあるのではないのでしょうか。


ずばり、遊戯王です。

私のイメージですがやはり2000年から放送されたアニメ「遊戯王デュエルモンスターズ」がきっかけで小学生達の間でブームに火が付いたといった感じではないでしょうか。

私も当時アニメ放送開始からカードを買い始めた記憶があります。

やはり当時アニメを観ていた小学生はこのカードに憧れていた方も多いのではないのでしょうか

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

遊戯王 青眼の白龍 117-032 ウルトラ【ランクC】【中古】
価格:1600円(税込、送料別) (2017/4/24時点)


そうです、主人公武藤遊戯のライバル、海馬瀬人が使う「青眼の白龍」です。

私も当時あまりの欲しさに父に無理を言って一箱買ってもらったのですが、残念な事に「青眼の白龍」が当たらなかったという苦い思い出があります。

その後少し絵柄が違う青眼が必ず手に入るデッキセットが存在するすることを知りそちらの方で初めて青眼を手に入れたんです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

遊戯王 青眼の白龍 EX-49 ウルトラ【ランクA】【中古】
価格:450円(税込、送料別) (2017/4/24時点)


絵柄が違くても青眼は青眼、小学3年生だった私は初めて青眼を手にした嬉しさを今でも忘れられません。

そして数年前、社会人になった私は当時憧れだった海馬瀬人の使う絵柄の「青眼の白龍」を約2千円で購入し、今でも大切に保管しています。