あすなろブログ

病みオタクの日常

20代の人が昔ドハマリしていた物⑤【スーパードンキーコング】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スーパーファミコン スーパードンキーコング
価格:29800円(税込、送料無料) (2017/5/18時点)


今回はSFCの名作、スーパードンキーコングの話をしていきましょう。

ちなみにこの作品は1994年の11月に発売された作品で、発売時期的に少し世代が違いますが、 私は5〜6歳の頃からやっていました。

このゲームの特徴ですが、やはりなんといってもSFC屈指の3Dを使った綺麗なグラフィックですよね。

私は今でも時々SFCを起動してドンキーコングをプレイするのですが、SFCでここまでのグラフィックを出せているというのは未だに驚きますね。

そしてこのゲームの難易度ですが、横スクロールアクションの中ではかなり簡単な方だと思います。

続編のスーパードンキーコング2以降はそれなりに難易度がありますが初代は本当に簡単です。

特にボス戦に関してはラスボスのキングクルール以外は単調なパターンゲーとなっています。

とまあ簡単といいながら、結構難しいステージもあります。

私的高難易度ステージTOP3はこちらです↓

3位 ステージ5ー4 「ヘドロのみずうみ」

みんなが苦手な水中ステージです。 このステージには画像にも映っていますがスピナーというタイヤのような敵が無数にいて、水中にも関わらずかなりのスピードで突進してきます。 そしてこのステージ、一番いやらしい所はゴール手前で出現する大量の魚の群れですね。 ゴール手前で泣きを見た人はたくさんいるのではないでしょうか。

2位 キングクルールの船

ラスボスですね。

キングクルールだけはボスの中でも別格で色々な攻撃パターンがあります。

そしてこのゲームで一番印象に残っているという人も多いと思いますが、計7回踏むとクリアしたかのようにスタッフロールが流れます。 しかし、これは偽のスタッフロールでこの後キングクルールは起き上がり、ピョンピョン跳ねながら攻撃してきます。

私も初見の時は完全にやられたという気分でしたね(笑)

1位 4ー1「ふぶきのたに」

スーパードンキーコングをプレイした人ならこのステージはトラウマになった人も多いと思います。

このステージは基本的には地面が雪でツルツル滑ります。 別にそこはたいして問題ないのですが、このステージの最大の難関は中盤から後半に掛けてのタルからタルに移る連続タル大砲の所ですね。

普通のタル大砲なら未だしも扱いがシビアな回転タル大砲にジンガー(蜂の敵)まで邪魔してくるので非常に高難易度なステージとなっています。

しかしこのステージ、連続タル大砲の序盤の所にショートカットがあります。 ショートカットを使うとほぼゴール手前まで連れてってくれます。

このショートカットは回転タル大砲をミスった時にたまたま入ってしまったという人がほとんどではないでしょうか^_^